肌質:時期によって敏感肌(20代・女性)

しみるタイプの化粧水ですが、いろいろな成分が含まれているものが多いように感じています。特にアルコールやエタノールなどが含まれているものはひりつくなという印象があり、それらが含まれておらず、必要最低限の成分のみで構成されているサラッとしたテクスチャのものは比較的しみづらいなと思います。

化粧水がしみるなと思った場合、まずは一週間程度使ってみます。これはその時の体質によってしみるしみないが変わってくることがあるためです。一週間経ってもしみる場合には、他のものを使ってみたり、クリームのみに留めることもあります。

化粧水がしみるようになったのはここ数年です。きっかけはあまり思い浮かびませんが、なんとなく花粉症を発症した時期とかぶっているような気がするので、もしかするとアレルギーなどが関係しているのかもしれません。

化粧水がしみると感じても、化粧水なしのケアはあまり考えられないです。化粧水を使うと肌が潤っているように感じるのは勿論ですが、後に塗るクリームが塗りやすくなるため、クリームを塗る際の摩擦などによる肌への負担を感じづらいのです。

化粧水がしみるなと感じるようになってからでも、あまり肌への変化を感じたことなどはありません。ただし、しみる状態で暫く使っていると、ちょっと赤みを帯びてくるような気はするので良くない影響は出ているのかなと感じています。

肌質:乾燥肌(40代・女性)

今までに使った化粧水の中で必ずお肌がしみたのは、ほぼもれなくアルコールが配合されているタイプの化粧ローションでした。アルコールさえ入っていなければ他の化粧水はどんなものでも特にしみることはありません。

化粧水が肌にしみる場合には、肌に刺激を与えているということになるので、その時点で使用をやめます。以前、しみていたのにそのまま使い続けていたことがあったのですが、その時に湿疹がたくさんできてしまいひどい目にあったことがあるので絶対に使いません。しみる時には、とりあえず他の化粧水を買ってくるまではクリームだけで対応しています。

化粧水がしみるようになったのは、40代に入ってすぐです。多分加齢によって肌質が敏感肌タイプに変化してきたのが原因だと思います。加齢によりお肌が弱くなるのでどうしても今まで大丈夫だった化粧品が使えなくなることはよくあることです。

化粧水を使わないケアは、実は以前やったことがあります。ですが化粧水を使わないと肌のかさつきが酷くて手触りがガサガサになり最悪でした。やはり化粧水をつけるとお肌がもっちり潤いをもつので肌触りが全く違います。

化粧水がしみる場所は、だいたい肌のカサつきが特にひどい場所です。顔全体のうち、特にかさつきが気になる場所は頬と顎です。なので化粧水がしみる場合は、だいたいこの部分がしみます。しみるということは皮膚自体が老化で薄くなってしまっているのだと思います。

肌質:かなりの乾燥肌です(40代・女性)

正直、どんなタイプの化粧品も、使用後はひりひりします。30分くらいたつと、落ち着くのですが、乾燥している時も、そうでない時も使用後は、つらくなりました。ここ5年くらいのことです。それまでは、丈夫な肌で、安いもの、高いもの、無添加、攻める効果のもの、どんなものでも大丈夫でした。

すぐにやめますね。様子を見ながら使っていたら、どんどん肌が荒れてきて、余計に過敏になってしまったことがあるからです。使えないときは、洗顔ソープをやめて、クレンジングだけにし、基礎は、クリームを薄く塗るのみにしています。

40代になったころからです。今考えると、ホルモンのバランスとか、身体が変わる時期だったと思います。それまで、紫外線を浴びて、真っ黒に日焼けしても、すぐに戻って問題なかったのに、そのころから、日焼け後に一気に肌が乾燥して、しわしわになりました。10日ほどで収まるのですが、乾燥肌は完全に戻らず、化粧水も刺激が強く感じるようになりました。

化粧水を使うことで、肌にケアの準備をさせるというか、これから栄養を送り込むよ〜という信号を送っているような気がしています。クリームなどが、浸透しやすいほうが、効果的と感じますから。ただ、最近では、使えるお品が少ないので、化粧水なしで、肌を蒸しタオルであたためてから、クリームを塗っています。

確実にふえました。ただ、化粧水がしみるから影響があったというより、肌が変化したので化粧水がしみるようになったという感じです。しみるのは鼻以外の全体的です。しわ、たるみ、くすみが気になりますね。加齢によるものとすべてを諦めず、今の自分にあったケアを探しております。

肌質:かなりの乾燥肌(50代・女性)

しみる化粧水はアルコールが入っているものが多いようです。アルコールが入っていない化粧水はそれほどしみることがなく、快適に使うことができています。無香料のものの方がしみにくいように思いますし、無添加が良いようです。

化粧水がしみた時にはもう一度洗顔して、他の化粧水を使うようにしています。化粧水は数種類持っているので、その中で自分の肌に合うものを探して、使うようにしていて、そのどれもが合わない時には化粧水をスキップします。

しみるようになったのは5年くらい前からだと思います。何がきっかけかというと、肌がとても乾燥するようになって、乾燥した肌に化粧水がしみるようになったのだと思います。アルコール入りは刺激が大きくてしみるようになりました。

化粧水がしみる時には、オールインワン化粧品を使っています。化粧水がしみる間はできるだけ刺激を与えないようにしていて、オールインワン化粧品だと一つで済むので、違和感を感じることなく使うことができていいと思います。

しみるようになってから、その部分が赤くなって肌荒れのような感じになってしまうことがあります。最近は割と落ち着いていますが、それでも時々化粧水をつけるとピリッときてしみるな、と思うことがあって、化粧水を使うのを諦めます。