肌質:インナードライ肌(35歳・女性)

エタノール入りの化粧水はほとんどしみます。成分表の後半に記載されているような微量であったり、テクスチャーがジェルに近いような、とろみのあるものであれば、しみない場合もあります。そのためアルコールフリーを使うようにしています。しかしエタノールフリーであってもしみるものがあり、柑橘系の香料を使っているものに刺激を感じることがあります。

痛みを感じない程度であれば、様子を見ながら使います。しかし毎日2回使い続けると、肌荒れを起こすことがあるので、週に2.3回程度にとどめています。もったいないというのもありますが、角質を除去できるふき取り系化粧水には、ほぼエタノールが使われているためです。エタノール入りの方が、肌がさっぱりするし、コットンが薄黒くなるような結果が出るので、やめられません。

はじめて、角質オフをするために良いと店頭で勧められた、エタノールが主成分とも言えるようなふき取り化粧水を使った時には初めてしみる体験をしました。何を使っても、エタノールが入っていると大なり小なりしみるので、体質的に弱いのだと思います。

オールインワンゲルで済ませることもあるので、化粧水がないことに対する抵抗はありません。ただ、たっぷりの化粧水でパッティングすることは気持ち良いので、なくしてしまうのは物足りないです。臨機応変に色々なスキンケアを使っていきたいと考えています。変化としては、肌の透明感が出るのは化粧水を使った時の方が出るように感じています。

しみる化粧水を長期間、継続して使用すると、確実にニキビができるなどの肌荒れを起こします。シワやシミが増えることはありませんが、肌に負担をかけていると思います。