肌質:乾燥肌(40代・女性)

今までに使った化粧水の中で必ずお肌がしみたのは、ほぼもれなくアルコールが配合されているタイプの化粧ローションでした。アルコールさえ入っていなければ他の化粧水はどんなものでも特にしみることはありません。

化粧水が肌にしみる場合には、肌に刺激を与えているということになるので、その時点で使用をやめます。以前、しみていたのにそのまま使い続けていたことがあったのですが、その時に湿疹がたくさんできてしまいひどい目にあったことがあるので絶対に使いません。しみる時には、とりあえず他の化粧水を買ってくるまではクリームだけで対応しています。

化粧水がしみるようになったのは、40代に入ってすぐです。多分加齢によって肌質が敏感肌タイプに変化してきたのが原因だと思います。加齢によりお肌が弱くなるのでどうしても今まで大丈夫だった化粧品が使えなくなることはよくあることです。

化粧水を使わないケアは、実は以前やったことがあります。ですが化粧水を使わないと肌のかさつきが酷くて手触りがガサガサになり最悪でした。やはり化粧水をつけるとお肌がもっちり潤いをもつので肌触りが全く違います。

化粧水がしみる場所は、だいたい肌のカサつきが特にひどい場所です。顔全体のうち、特にかさつきが気になる場所は頬と顎です。なので化粧水がしみる場合は、だいたいこの部分がしみます。しみるということは皮膚自体が老化で薄くなってしまっているのだと思います。